ボードゲーム

うーん「街コロ」に一言

トラオ(父)
トラオ(父)
街コロをやってみたが、何となくしっくりいかない。ゲームのバランスが悪い気がした。難しく考えすぎなのかもしれないが、思ったことを書いてみるぞ。

ゲームは、ダイスを振ってお金を集めて施設を買って、建設中の4つのランドマークを最初に完成させたプレイヤーの勝ちというゲーム。

言いたいことのまず1点目は、ダイスの目の出る確率と施設カードの効果についてのバランスが悪いのではということ。例えば牧場(2)、パン屋(2~3)、カフェ(3)、コンビニ(4)など2~4の目の出る確率はダイス1個振る場合は1/2である。その上でショッピングモール完成後はパン屋・カフェ・コンビニは+1の効果となる。このあたりの施設を先に買い占めることがゲームを有利に進められることになる。反面、青果市場(11~12)やリンゴ園(10)の出る確率は1/12である。その割にはダイス目の大きな施設を買うだけの効果が少ないように思う。

(ダイスの目の確率×効果=期待値)/購入価格(支払うコイン数)がそれぞれどの程度か考える必要がありそうである。

次に4つのランドマークを完成さるのに必要なコイン数が少ないのではということ。ダイスの目が1~5の施設をいかに効果効率的に集められるかがゲームのポイントとなり、後半のダイスを2個振ったりしてゲームが盛り上がるだろう前にゲームが終了してしまうこともある。

3つ目は突っ走ったプレイヤーの邪魔をしたり大きな逆転を仕掛けたりすることできないということ。

ゲームのコンセプトやデザインもいいし、ルールもわかりやすいので基本的に面白いゲームのはずだ。個人的にも好きなゲームだと思ったがやってみると何故か残念に思った。どうやったらもっと面白くなるのだろうか。そのあたりがあるから拡張版がいろいろ発売されているのか。いやまだまだこのゲームの奥行きがわかっていないのかもしれない。

単純に面白くないゲームなら、わざわざ書かない。たぶんもっと面白くなるだろうから期待を込めて書いておく。街コロは2015年ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされたぐらいのボードゲームだから面白くできるのだろう。

いずれにせよ戦略性ではなくダイスの目に左右される運要素の大きなゲームなので、日頃ボードゲームをやらない人、お年寄りや小さい子供達には楽しいゲームなんだろう。ということはこれはこれでいいのか。難しく考えすぎなのかな。寝よう。

ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!