ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「キャプテン・リノ」のルールとポイントを解説!

本記事では、相手を妨害しつつ倒れないように高くマンションを積み上げろ!「キャプテン・リノ」について解説していきます!!ちびっこから遊べるハラハラドキドキ楽しいバランス系のボードゲームです!

キャプテン・リノ HA4092 (Super Rhino!)日本語説明書付
ノーブランド品

「キャプテン・リノ」!!

【オススメ度】
【タイプ】敵対バランスタイプ
【プレイ人数】2~5人
【プレイ時間】5~15分
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「キャプテン・リノ」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

「キャプテン・リノ」の基本情報

まず簡単に「キャプテン・リノ」の基本情報をまとめておきましょう!

【プレイ人数】2~5人

【プレイ時間】5~15分

【対象年齢】5歳~99歳

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・屋根カード:31枚

・壁カード:28枚

・土台:1枚

・キャプテン・リノ:1人

「キャプテン・リノ」ってどんなゲーム?

「屋根カード」や「壁カード」を駆使してみんなで1つの高層マンションを高く作り上げていき、倒さずに手札の「屋根カード」を無くしていくことを目指すゲームです。

「キャプテン・リノ」のルールを図解解説

「キャプテン・リノ」のルールまとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

・今回遊ぶゲームの難易度を決めよう!はじめは壁カードを2個建てる方で遊ぶのがおすすめだよ!

・手札となる屋根カードを5枚(2人の場合は7枚)を配ったら準備完了!じゃんけんで勝った人から時計回りに手番を行っていくよ!

・手番は、1→2を順に行うだけ!

①場の屋根カードの指示に従って壁カードを建てる

②建てた壁カードの上に手札から屋根カードを1枚乗せる

~いくつかの屋根カードには特別な印があり、その印の種類によって建て方が変わるよ!~

赤の印:方向転換

順番が逆回りになるよ!

青の印:1回休み

次の人の番を1回休みにできるよ!

緑の印:追加のカード

次の番の人は新しい階層を建て始める前に屋根カードの山札から1枚を引いて手札に加えなければならないよ!

赤の印:2枚重ね

このカードに重ねる形でもう1枚重ねて手札から屋根カードを出すことができるよ!こうして重ねたカードに印があれば、それが次のプレイヤーに適応されるよ!(2枚重ね同士は重ねることはできないよ!)

サイのマーク:キャプテン・リノ

キャプテン・リノを今いる場所からキャプテン・リノの絵が描かれているところまで移動させよう!

①→②を繰り返して最終的に以下の3つのどれかになったらゲームが終了するよ!

1.誰かが手札の最後の屋根カードを無事に置けたとき

→すべて置けたプレイヤーの勝利!

2.高層マンションが倒壊してしまったとき

→倒してしまった人の負け!倒してしまった人以外のプレイヤーで手札が一番少ない人が勝ちになるよ!

3.建築で壁カードがすべて使われたとき

→すごい!!全員の勝利!

~大切な建築のルール~

・建てるときは両手を使うことができるよ!

・置こうとしている壁や屋根カード以外は触ってはいけないよ!

・壁カードを曲げる角度や建てる位置は、できる限り正確に線に沿わせよう!

・屋根カードは真上から見た時に必ず土台と同じ位置になるようにそろえて置こう!

「キャプテン・リノ」レビュー

UNOとジェンガを足して2で割った感じのルールなので、一度UNOをやったことがある方ならすぐに理解することが出来ると思います!筆者はまだ一度も全部積み上げれたことがないので、ぜひ挑戦してみてください!

「キャプテン・リノ」まとめ

「キャプテン・リノ」をについてまとめておきましょう!

まとめ

【プレイ人数】2~5人

【プレイ時間】10~15分

【対象年齢】5歳~99歳

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・屋根カード:31枚

・壁カード:28枚

・土台:1枚

・キャプテン・リノ:1人

キャプテン・リノ HA4092 (Super Rhino!)日本語説明書付
ノーブランド品

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ABOUT ME
suita
ボードゲームブランドAvignon Games代表。ボードゲームクリエイター。 「ひとりひとりが生きやすい社会」をVISIONにコミュニケーション不和解消を目指してボードゲームを制作中 Avignon Games WEBサイト→http://avignongames.jp
ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!