ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「チャオチャオ」のルールとポイントを解説!

ウマたん(息子)
ウマたん(息子)
本記事では、ブラフ満載の心理戦ゲーム「チャオチャオ」のルールについて1分で簡単に図解を交えながら解説していきます!ウソか本当か探り合いながら盛り上がるおすすめボードゲームなんですよー!

ブラフを駆使して橋の先へ渡り切れ!! 「チャオチャオ」!!

created by Rinker
Drei Hasen・メビウスゲームズ
¥2,750
(2021/10/27 10:45:59時点 Amazon調べ-詳細)

【オススメ度】
【タイプ】敵対戦略タイプ
【プレイ人数】2人~4人
【プレイ時間】25分〜
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

最高に盛り上がる「チャオチャオ」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

チャオチャオの基本情報

まず簡単に「チャオチャオ」の基本情報をまとめておきましょう!

プレイ人数:2人~4人
冒険家:人数×7体
特殊なサイコロ

チャオチャオのルールを図解解説

それでは図解解説していきましょう!

チャオチャオ チャオチャオ チャオチャオ チャオチャオ チャオチャオ チャオチャオ

最強の盛り上がる超オススメボードゲーム「チャオチャオ」!

チャオチャオの【ルール】まとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

7人の冒険家をなんとか橋の先まで渡らせよう!

順番にサイコロを振る
サイコロの出目の数だけ進める!
サイコロには、1~4と×が2つ書いてあるよ!

筒で隠して他の人に見られないようにソーっと見よう!
出目はウソをついてもOK!
×が出たら1~4の好きな数字を言わないといけないよ

渡っている人が嘘を言っていると思ったら
他の人は「ウソだ!」と宣言っ!(時計回り)
ウソだった場合、ウソを付いた人は下に落ちて
ウソを見破った人が宣言分の数字だけ進む
ウソじゃなかった場合、ウソだ!と言った人が落ちる

先に3人の冒険家を橋の先に進ませたプレイヤーが勝ち
誰も3人到達できなかった場合は、到達した冒険家の下に書いてある数字の合計が多い人が勝ち!

チャオチャオ まとめ

チャオチャオについてまとめておきましょう!

まとめ

・ウソをついて、ウソを見破って・・
・ドキドキハラハラの展開が!
・ウソの付き方が絶妙!

created by Rinker
Drei Hasen・メビウスゲームズ
¥2,750
(2021/10/27 10:45:59時点 Amazon調べ-詳細)

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!