ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「コロレット」のルールとポイントを解説!

本記事では、カラフルなカメレオンを取り合って相手より高得点を目指せ!「コロレット」について解説していきます!!4色目以降はマイナスポイントになってしまうのがとても悩ましいボードゲームです!

メビウスゲームズ / ABACUS SPIELE
¥1,650
(2022/12/08 16:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

「コロレット」!!

【オススメ度】
【タイプ】敵対戦略タイプ
【プレイ人数】2~5人
【プレイ時間】30分
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「コロレット」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

「コロレット」の基本情報

まず簡単に「コロレット」の基本情報をまとめておきましょう!

【プレイ人数】2~5人

【プレイ時間】30分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・カラーカード:63枚 ・+2カード:10枚 ・ジョーカー:2枚

・列カード(茶):5枚  ・列カード(緑):3枚  ・得点チャート:5枚

・最終ラウンドカード:1枚 ・ゴールデンジョーカー:1枚

「コロレット」ってどんなゲーム?

7色いるカメレオンを取り合い、最終的に一番多くの点を獲得することを目指すゲームです。4色目以降はマイナスポイントになってしまうのが何といってもこのゲームの肝!相手の集めているカメレオンの色も見ながらゲームを進めていきましょう。

「コロレット」のルールを図解解説

「コロレット」のルールまとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

・まず最初に難易度(遊ぶ得点チャート)を決めよう!その後プレイ人数に合った列カード(3~5人の場合は茶色,2人で遊ぶ場合は緑色)を並べ、山札の下から16番目に最終ラウンドカードを入れたら準備完了!じゃんけんをして勝ったプレイヤーから時計回りに手番を開始するよ!

自分の手番になったら以下の2つのアクションのうち、どちらか1つを実行しよう!

①山札の上からカードを1枚引いて列カードに置く

1列には3枚までカードを置くことができるよ!自分が取りたい色や、相手の取らせたくない色を考えて置いていこう!

②好きな列を取ってラウンドから抜ける

任意の列カードとそこに置かれているカードをすべて取ることができるよ!(列カード1枚だけの列は取ることができないよ!)

2を行ったプレイヤーは以降、全プレイヤーが2を行うまでそのラウンドには参加できないよ!

~ジョーカー,ゴールデンジョーカーが含まれていた場合は以下の手順に移るよ!~

ジョーカー:取ったカードの脇に置いて、ゲーム終了時に好きな色にすることができるよ!

ゴールデンジョーカー:山札の1番上のカードをめくり、カードを獲得するよ!その後はジョーカーと同様、脇に置いて終了時に好きな色に加えよう!

最終ラウンドカードが出たら、終了が間近の合図!全員が列カードを取り終えたらゲーム終了。得点計算をし、最終的に一番獲得した点数が高いプレイヤーが勝利するよ!

「コロレット」レビュー

前述もしましたが、4色目以降はマイナスポイントになってしまうのが何といってもこのゲームの肝!相手の集めているカメレオンの色も見つつ、臨機応変に集める色を変えたり、相手を邪魔したりそんな駆け引きも楽しいゲームです!

個人的には3人で遊ぶときは真ん中より下くらいに最終ラウンドカードを入れたほうが、間延びせずに遊べる印象です!ぜひ楽しいゲームなので遊んでみてください~!

「コロレット」まとめ

「コロレット」をについてまとめておきましょう!

まとめ

【プレイ人数】2~5人

【プレイ時間】30分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・カラーカード:63枚 ・+2カード:10枚 ・ジョーカー:2枚

・列カード(茶):5枚  ・列カード(緑):3枚  ・得点チャート:5枚

・最終ラウンドカード:1枚 ・ゴールデンジョーカー:1枚

 

メビウスゲームズ / ABACUS SPIELE
¥1,650
(2022/12/08 16:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ABOUT ME
suita
ボードゲームブランドAvignon Games代表。ボードゲームクリエイター。 「ひとりひとりが生きやすい社会」をVISIONにコミュニケーション不和解消を目指してボードゲームを制作中 Avignon Games WEBサイト→http://avignongames.jp
ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!