ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「イト(ito)」のルールとポイントを解説!

ウマたん(息子)
ウマたん(息子)
本記事では、人数が多ければ多いほど盛り上がる!「イト(ito)」のルールについて1分で簡単に図解を交えながら解説していきます!!みんなでお互いの感覚を読み合って協力してクリアしよう!

大人数でできる協力型ボードゲーム!

「イト(ito)」!!

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,582
(2021/06/24 00:58:16時点 Amazon調べ-詳細)

【オススメ度】
【タイプ】協力パーティータイプ
【プレイ人数】2~10人
【プレイ時間】30分
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「イト(ito)」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

イト(ito)の基本情報

まず簡単に「イト(ito)」の基本情報をまとめておきましょう!

プレイ人数:2~10人
プレイ時間:30分~
【アイテム】
お題カード
→お題カードがたくさん!お題カードを引いてお題を決めよう!
数字カード1~100
→1~100の数字が書かれたカードが各1枚ずつ100枚!

イト イト イト

イト(ito)のルールを図解解説

それでは図解解説していきましょう!

イト イト イト

イト(ito)の【ルール】まとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

お題カードを引いてお題を決めよう!
各自1人1人ランダムに1枚ずつ数字カードを引こう!

お題に沿って自分の数字が全体のどのくらいなのか予想して下から出していこう
話合ってもいいけど数字は言っちゃダメ

全てのプレイヤーが下から順番に数字を出すことが出来たらクリア!

イト

※本当は、手札の枚数が増えていったりライフがあったりするけど、1回ずつ1枚でやった方が面白いんです!

イト(ito) まとめ

イト(ito)についてまとめておきましょう!

イト(ito)まとめ

・プレイ人数:2人~10人
・プレイ時間:30分~
・大勢で盛り上がる!その人の価値観が分かるおすすめのボードゲーム!
・はじめての人とやると面白いよ!

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥1,582
(2021/06/24 00:58:16時点 Amazon調べ-詳細)

他にもたくさんのおすすめボードゲームがあります。

以下の記事でたくさんのボードゲームを紹介していますので是非チェックしてみてください!

ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!