ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「海底探検」のルールと遊び方を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

本記事では、「海底探検」について解説していきます!!欲張って財宝をたくさん取ると、潜水艦まで持ち帰れないかも…?そんなチキンレースとジレンマが楽しい人気ゲームです!

Oink Games
¥2,917
(2024/07/18 03:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

「海底探検」!!

【オススメ度】
【タイプ】敵対戦略タイプ
【プレイ人数】2〜6人
【プレイ時間】30分程度
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「海底探検」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

「海底探検」の基本情報

まず簡単に「海底探検」の基本情報をまとめておきましょう!

【プレイ人数】2〜6人

【プレイ時間】30分程度

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】特殊ダイス 2個 / 探検家コマ 6個 / 遺跡チップ 48枚 / 潜水艦ボード 1枚 / 空気マーカー 1個 / 遊び方説明書(JP/EN/DE/FR/ZH/KO)

「海底探検」ってどんなゲーム?

プレイヤーは探検家となって、海底に眠る財宝を見つけにいこう!深く潜れば潜るほど、高価な財宝が眠っているが、帰ってくるのがその分困難に…!みんなで共有する酸素の減り具合を見ながら、潜るか、帰るか、どれくらい財宝を手に入れるか、そんな決断が悩ましいゲーム!

「海底探検」のルールを図解解説

「海底探検」のルールまとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

<ゲームの準備>

①潜水艦ボードを全員からよく見える位置に置き、空気マーカーを潜水艦ボード上の「25」に配置しよう!これは潜水艦に残っている空気の量を表すよ!その後プレイヤーは好きな色の探険家コマをそれぞれ1つずつ取り、潜水艦ボードの上に置こう!

②すべての遺跡チップを裏返し、レベルごとに分けてよく混ぜたら、潜水艦ボードを始点に遺跡チップをレベルの低い順に一列で並べよう!並べられたらじゃんけんし、勝ったプレイヤーから時計回りに手番を開始!

<ゲームの流れ>

下記の1〜4の順に処理を行い、手番が進行していくよ!

1.空気を減らす

自分が今のラウンドで拾って所持している遺跡チップの枚数だけ、潜水艦ボード上から空気を減らそう!

空気が0以下になってもそのとき手番だったプレイヤーは手番を最後までプレイすることができるよ!

(潜水艦に帰ってきたプレイヤーの分は、空気を減らさなくてもいいよ!)

2.引き返すかどうかを宣言する

「引き返す」「引き返さない」のどちらかを宣言しよう!進む方向を変えられるのは1ラウンドで1回のみ!引き返す場合は探険家コマを潜水艦の方向に向けよう!何も宣言しないでサイコロを振った場合は、前の手番のときと同じ方向に進むことになるよ!(ラウンドのそれぞれ一番最初の手番で引き返す選択はできないよ!)

3.サイコロを2つ同時に振り、自分の探検家コマを動かす

出た目の数だけ進行方向に自分の探検家コマを動かそう!

進む途中、他のプレイヤーの探険家コマが置いてある遺跡チップがあった場合は、その遺跡チップは数に数えず、飛び越して進むことができるよ!

ラウンドで拾った遺跡チップを所持している場合

今回のラウンドで拾った遺跡チップを持っている場合は、その枚数分を出た目の合計から引かなければならないよ!

一番奥までたどり着いた場合

目が余っても奥でストップするよ!

4.探索する

止まった場所で、以下のa~cの中のいずれかを選択できるよ!

a なにもしない

b)遺跡チップを拾う

拾う場合は、その場所の遺跡チップを裏返したまま手元に移動し、遺跡チップがなくなった場所に代わりにブランクチップと、その上に自分の探険家コマを置こう!(拾った遺跡チップは、潜水艦に持ち帰るまで表を見ることはできないよ!)

c)遺跡チップを置く

そのラウンドで拾った遺跡チップを持っていて、かつ、止まった場所がブランクチップだった場合、そこに持っている任意の遺跡チップを1枚置くことができるよ!今止まっている場所のブランクチップと手元の遺跡チップを交換し、ブランクチップをストックに戻そう!

以上で手番終了!時計回りに隣のプレイヤーに手が移り、1~4を繰り返すよ!

ラウンドの終了

全員が潜水艦に帰るか、空気がなくなってしまったらラウンド終了!潜水艦まで帰れたプレイヤーと帰れなかったプレイヤーはそれぞれ下記の処理を行うよ!

潜水艦まで帰ったプレイヤー

持ち帰った遺跡チップを表にして確認しよう!表になった遺跡チップは「財宝」となり、得点となるよ!

潜水艦まで帰れなかったプレイヤー

そのラウンドで拾った財宝をすべて海底に落としてしまうよ!潜水艦から離れているプレイヤーから順番に、持っていた遺跡チップを、一つに束ねて潜水艦から一番離れている遺跡チップの次の場所(何もない場所)に置いていこう!

チップが3枚重なったら、4枚目は次の場所に置くよ!重ねていく順番は自由に決めてOK! 以降この束は1枚の遺跡チップとして扱うよ!空気の減り具合や、コマを進めるときのマイナスに関しても1枚として扱うよ!得点にしたときは枚分の得点に!

すべてのプレイヤーが上記の行動を行ったら、場のブランクチップをすべて取り除き、できた隙間をすぐ後ろのチップで詰めるよ!

一番潜水艦から遠かった人が最初のプレイヤーとなり、次のラウンドをスタートするよ!全員帰ることができた場合は、最後に潜水艦に帰り着いた人が最初のプレイヤーになるよ!

<ゲーム終了>

3ラウンドが終了したら、ゲーム終了!プレイヤーは全ラウンドで獲得した得点を合計し、多い順から上位になるよ!

同点の場合は、より多く高いレベルの遺跡チップを所持しているプレイヤーの勝利!すべての遺跡チップの枚数が同じだった場合は、引き分けになるよ!

「海底探検」レビュー

プレイ人数が多いと自分の番がまわってくるまでに4つ5つ酸素が減ったり、拾った財宝の数だけ出目の数が少なくなったりと、思ったより早くラウンド終了を迎えるこのゲーム。

潜るか、引き返すか、そんな駆け引きがとても面白く、少しボードゲームに慣れてきた人にぜひおすすめのゲームです!

「海底探検」まとめ

「海底探検」をについてまとめておきましょう!

まとめ

【プレイ人数】2〜6人

【プレイ時間】30分程度

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】特殊ダイス 2個 / 探検家コマ 6個 / 遺跡チップ 48枚 / 潜水艦ボード 1枚 / 空気マーカー 1個 / 遊び方説明書(JP/EN/DE/FR/ZH/KO)

Oink Games
¥2,917
(2024/07/18 03:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ABOUT ME
スイタ氏
ボードゲームブランドAvignon Games代表。ボードゲームクリエイター。 「ひとりひとりが生きやすい社会」をVISIONにコミュニケーション不和解消を目指してボードゲームを制作中 Avignon Games WEBサイト→http://avignongames.jp
質問に答えていくとあなたにオススメのボードゲームが分かる!
Yes NO チャート