ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「キャット&チョコレート学園編」のルールとポイントを解説!

本記事では、「キャット&チョコレート学園編」について解説していきます!!様々なトラブルに対して手持ちのアイテムを駆使して回避を目指す大喜利系のパーティーゲームです!

「キャット&チョコレート学園編」!!

【オススメ度】
【タイプ】敵対戦略タイプ
【プレイ人数】3~6人
【プレイ時間】20分
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「キャット&チョコレート学園編」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

「キャット&チョコレート学園編」の基本情報

まず簡単に「キャット&チョコレート学園編」の基本情報をまとめておきましょう!

【プレイ人数】3~6人

【プレイ時間】30分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・派閥カード6枚

・イベントカード32枚

・アイテムカード40枚

 

「キャット&チョコレート学園編」ってどんなゲーム?

学校生活で起こり得る様々なトラブルに対して、手持ちのアイテムを駆使してうまく回避することを目指すボードゲームです。

「キャット&チョコレート学園編」のルールを図解解説

 

「キャット&チョコレート学園編」のルールまとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

・派閥カードを裏向きにしてシャッフル!
プレイ人数に合わせて生徒会派カード、校長派カードを各プレイヤーに裏向きにで配ろう!(各自自分の派閥カードのみ見ることができるよ!)

・派閥カードを配ったらアイテムカードを裏向きにしてシャッフル!各プレイヤーに3枚ずつ配ろう!
配れたらアイテムカードの山札は中央に置き、イベントカードを裏向きにしてシャッフル!
ゲームを終わりたいくらいの場所にENDのカードを差しこんだら準備完了だよ!

・じゃんけんで勝った人から手番を始めるよ!(以降は時計まわり)

まず手番プレイヤーは、イベントカードの山の上から1枚を表向きにしてアクシデントを読み上げよう!手番の人は自分の持つアイテムカードを駆使してそのアクシデントを乗り越えよう!ただし使うアイテムは、次のイベントカードの上に書かれている数だけ使わないといけないよ!※使ったアイテムカードは捨て札に!自分の手番が終わったら手札が3枚になるようにアイテムカードを引こう!

・「どうやってそのアクシデントを乗り越えるか」を手番プレイヤーが宣言したら判定タイム!手番プレイヤー以外のプレイヤーは「宣言した方法でそのアクシデントを回避することは可能か」を考え、いっせいに投票するよ!回避できたと思うプレイヤーのみグッドサインを出そう!同数または過半数がグッドサインを出していたら回避成功!手番プレイヤーは回避したイベントカードを手に取り、自分のポイントに!

~時間制限について~

手番プレイヤーが回避方法に言葉を詰まらせたら他のプレイヤーで「ワン!ツー!スリー!」とカウントしよう!スリーカウントされた時点で手番プレイヤーはアクシデントの回避が失敗になるよ!

・「ENDカード」が出てきたらゲーム終了!即座に獲得したポイントと派閥を開示するよ!同じ派閥同士の獲得したポイントを合計して多く獲得した方が勝利するよ!

~プレイ人数が奇数の場合~

「その派閥のプレイヤーのうちイベントカードの獲得枚数が最も少なかったプレイヤーと多かったプレイヤーの合計枚数」を最終的な獲得枚数にするよ!

「キャット&チョコレート学園編」レビュー

大喜利要素の強いゲームなので、はじめましての人同士で遊ぶよりも、いつも遊んでいる友人らとふざけ合いながら遊ぶとより盛り上がるゲームです!判定を厳しくしすぎると誰も得点を得ることができなくなるため、回避のハードルを少し低く設定して遊ぶことをオススメします!

「キャット&チョコレート学園編」まとめ

「キャット&チョコレート学園編」をについてまとめておきましょう!

まとめ

【プレイ人数】3~6人

【プレイ時間】20分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

・派閥カード6枚

・イベントカード32枚

・アイテムカード40枚

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ABOUT ME
suita
ボードゲームブランドAvignon Games代表。ボードゲームクリエイター。 「ひとりひとりが生きやすい社会」をVISIONにコミュニケーション不和解消を目指してボードゲームを制作中 Avignon Games WEBサイト→http://avignongames.jp
ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!