ボードゲーム

【1分で分かる図解解説】「お邪魔者」のルールとポイントを解説!

本記事では、「お邪魔者」について解説していきます!!大人数だとより盛り上がる、駆け引きや推理が楽しいボードゲームです!

メビウスゲームズ
¥1,500
(2023/01/28 15:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

「お邪魔者」!!

【オススメ度】
【タイプ】敵対戦略タイプ
【プレイ人数】3~10人
【プレイ時間】30分
【難易度】
【運要素】
【戦略要素】

そんな「お邪魔者」のルールについて図解解説を交えながら解説していきます!

「お邪魔者」の基本情報

まず簡単に「お邪魔者」の基本情報をまとめておきましょう!

【プレイ人数】3~10人

【プレイ時間】30分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

通路カード:40枚,アクションカード:27枚,スタートカード:1枚,ゴールカード:3枚,報酬金カード:28枚,金鉱堀:7枚,お邪魔者カード:4枚

「お邪魔者」ってどんなゲーム?

「金鉱堀」と「お邪魔者」に分かれて行うチーム戦のゲームです。金鉱堀は、金を掘り当てることを目的に。お邪魔者は金を掘り当てられないように邪魔することが目的です。役職をラウンドごとに変え、3ラウンド遊んだらゲーム終了!一番金を持っているプレイヤーが勝利します!

「お邪魔者」のルールを図解解説

           

「お邪魔者」のルールまとめ

簡単にルールをまとめておきましょう!

簡単なルール

・ゴールカード3枚をシャッフルし、スタートカードとともに場に置こう!(画像を参照ください)プレイ人数に合わせた金鉱堀カードとお邪魔者カードを入れ、裏向きにしてシャッフル!プレイヤーに1枚ずつ配ろう!それが今回のラウンドのそれぞれの役割になるよ!余ったカードは裏向きのまま今回のラウンドからは除外しよう!

※赤い文字が書かれてある方が「お邪魔者」(金を取るのを邪魔する人)になるよ!

3~4人プレイ:お邪魔者カード1枚,5~6人:2枚,7~9人:4枚,10人:4枚


・次にプレイ人数に合った手札を各プレイヤー受け取ろう!

3~5人プレイ:手札6枚,6~7人:5枚,8~10人:4枚

これで準備完了!じゃんけんで勝ったプレイヤーから時計回りに手番を行っていくよ!

・手番にできることは以下の2つ!

1.手札からカードを1枚出す
通路カード、破壊カード、修理カード、落石カード、地図カードのいずれか1枚を出すことができるよ!出したら山札から1枚引こう!それぞれのカードの詳細についてはこちら
〈通路カードについて〉
通路カードは必ず絵柄が合うように置かなければいけないよ!
〈破壊カードについて〉
破壊カードを置くことで、他プレイヤーの動きを妨害することができるよ!破壊カードは同じプレイヤーに複数枚置くことができるよ!
〈修理カードについて〉
対応する破壊カードを取り除くことができるよ!自分に対しても使うことができるよ!
〈落石カード〉
盤面の好きな通路カードを1枚取り除くことができるよ!通路が分断されている場合、そこを無視して先に通路カードを置くことはできないよ!
〈地図カード〉
ゴールカードのうち1枚だけを見ることができるよ!他プレイヤーには嘘の情報を伝えてもオッケー!

2.パスをする
手札を1枚裏向きにして捨て札にすることで自分の手番を終えることができるよ!捨てたら通常通り山札から1枚引くよ!

勝敗について
〈見事金に辿り着くことができた場合〉
金鉱堀の勝ち!金鉱堀の人数だけ山札から報酬金カードを取り、最後に通路カードを置いたプレイヤーから順に報酬金カードを獲得していくよ!

〈最後まで金に辿り着かなかった場合〉
お邪魔者の勝ち!下記の表に従い、報酬金カードをお邪魔者同士で分け合うよ!
1枚取ったら次のお邪魔者へと代わりばんこで報酬金カードを取っていこう!

今ラウンドのお邪魔者の人数:1人→報酬金カード4枚,2人→3枚,3人→3枚,4人
以上の流れを3ラウンドまで続けたらゲーム終了!1番得点が高いプレイヤーの勝利!

「お邪魔者」レビュー

友人と最近すごく遊んでいるゲームです!
4人くらいで遊ぶ場合は少しお邪魔者が不利なので、地図の枚数を減らして遊ぶことをおすすめします!
人狼やワードウルフが好きな方には特におすすめのゲームです!

「お邪魔者」まとめ

「お邪魔者」をについてまとめておきましょう!

まとめ

【プレイ人数】3~10人

【プレイ時間】30分

【対象年齢】8歳~

【おすすめ度】★★★★★

【アイテム】

通路カード:40枚,アクションカード:27枚,スタートカード:1枚,ゴールカード:3枚

報酬金カード:28枚,金鉱堀:7枚,お邪魔者カード:4枚

メビウスゲームズ
¥1,500
(2023/01/28 15:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

ボードゲームのまとめは以下の記事で!

ABOUT ME
suita
ボードゲームブランドAvignon Games代表。ボードゲームクリエイター。 「ひとりひとりが生きやすい社会」をVISIONにコミュニケーション不和解消を目指してボードゲームを制作中 Avignon Games WEBサイト→http://avignongames.jp
ボードゲームが出来るスペースを作っちゃいました!